2017.11.16

ライムギが青々として来ました。ライムギの根は60~70cmまで伸びるとの事で、緑肥としての効果のみらず、耕盤層を打破してもらい、排水性の改善も期待しています。

2017.11.12

第一陣のライムギが芽を出しました。(種撒きから約10日後の様子)種の数が少なかったので、筋蒔きではなく、点撒き?にして植えてみました。

2017.11.12

蕎麦の跡地に、六条大麦とキカラシの種を植えました。六条大麦は麦茶兼緑肥用、キカラシは景観緑肥用に道路側に植えています。

※種植えの最中から鳥に狙われています。

2017.11.11

ヘアリーベッチ順調ですが、手撒きのため少し密になりすぎる箇所があります。種まき機(ごんべい)があるともう少し均等に植えられそうです。

2017.11.11

北側の畦道の芝はここまで育ちました。ここ最近はいつもの10月の様な安定した気候です。

2017.11.03

収穫後の蕎麦はさすがに畑に放置できず、実家の庭を借りて干場建てをし、一週間ほど乾かします。

2017.11.03

蕎麦を収穫しました。

鎌で手刈りしましたが、この作業もなかなかの重労働です。

2017.11.03

種取をしたライムギを植えやすい様に種を分けています。これはこれで結構時間のかかる作業です。

2017.10.27

道水路側のあぜ道を整備しました。来年の夏の草刈りの労力をすこしでも削減するねらいです。

ここにも、芝を植えました。

2017.10.23

ヘアリーベッチはここまで伸びてます。

2017.10.23

畦に植えた芝(ケンタッキーブルーグラス)がようやく芽を出し始めました。種撒き後晴れ間が中々なく、ようやくの晴れ間で一気に芽を出してくれました。

2017.10.21

連日の雨でこんな状態に。春までにうまく改善されるかしばらく様子見です。

2017.10.18

写真左側の方はかなり水はけが悪い様です。それでもヘアリーベッチは芽を出してくれました。田んぼの裏作での緑肥としても利用されているとの事で、水にも強そうです。

2017.10.18

排水改善のため、水が良く溜まってしまう区画にヘアリーベッチを植えてみました。(品種は藤えもん)

排水改善には、マメ科の田助という品種など、根が下まで長く伸びる緑肥が良いとの事でしたが、撒き時が過ぎてしまったので、排水改善の一番の理由にはなりませんが、ヘアリーベッチも緑肥としては優秀との事で試しに植えてみました。

2017.10.18

ここに来て、今まであまり元気のなかったコスモスがぐんぐん伸びて来ました。一つの茎から何度も花がつく様です。

2017.10.11

畑の北側の畦、来年から管理しやすい様に芝生を植えるべく、整地作業を行いました。建築用の水糸をベースにして開墾しています。

2017.10.08

畑に猫が出没しました。近所に住んでいる野良ちゃんとの事でした。

2017.10.07

近所のコイン精米所で無料で貰える米ぬかを見つけ、早速畑に巻いて見ました。

本来は醗酵させてからでないと、水に溶けないのですが、しばらく気温が高くなりそうなのでそのまま撒いて見ました。

2017.09.30

蕎麦一気に開花し始めました。

2017.09.27

クリムゾンクローバーは、湿地帯の中かなりの発芽率で芽を出し始めました。

2017.09.27

蕎麦はここまで伸びてます。

2017.09.23

クリムゾンクローバーの種植えも行いました。暴風雨の後で土は田んぼ状態。区画の隅の方に植えましたがこの辺りは水が良くたまってしまう様です。緑肥植物と微生物の力で水はけを良くして貰うねらいです。

2017.09.23

蕎麦、すでに花が咲き始めました。

2017.09.18

一回目の土寄せ後の風景。いままで農作業が行われていなかった場所なので、ご近所の方からキレイだね~と言われるのがうれしい限りです。

2017.09.18

かなり伸びてきたので、一回目の土寄せです。いつものごとく手作業ですが、台風後の残暑の戻りで気温は33度近く。かなりの重労働でした。

2017.09.16

ほんとに蕎麦の成長の速さには驚かされます。土もまだろくにできておらず、肥料もあげていないのにこのスピードです。

2017.09.10

お向かいの農家さん宅におさるさんが出没しました。市の職員の方がロケット花火で威嚇して一旦いなくなりましたが、すぐに戻ってきてしまします。つつじの丘公園のすぐ裏側です。自分たちの畑を荒らされたくないのとも考えてしまいますが、人間側が先におさるさんたちのすみかを荒らしてしまった結果と考えるとなんともやり場のない気がしてしまいます。

2017.09.10

ここまで伸びました。かなり早いスピードで伸びてます。

2017.09.06

全体の様子です。種取り用のひまわりの種もでき始めています。

2017.09.06

早くも蕎麦の芽が出始めました。植えてから3日くらいで発芽した模様です。

2017.09.02

蕎麦の種植えです。小型の耕運機で耕作した後、整地してから筋蒔きで植えました。

2017.08.23

農機具を納めるハウスを設置しました。まだ小さいですが今はこれで十分です。

2017.08.21

次に植える予定の蕎麦の種を入手しました。栃木県佐野市仙波地区の在来種を農家さんのご厚意で少量分けて頂きました。

2017.08.19

慣れない耕運機の作業。最初はかなり無駄な力を入れてしまっています。次の日はいつものごとく筋肉痛です。※結構背筋が鍛えれそうです。

2017.08.19

小型の耕運機にて、次の植え込みのための準備です。手作業での開墾作業を見かねた近所の農家さんが知り合い伝手で算段してくれました。感謝です。

2017.08.13

新たな区画を開墾中、かなりの大物が出てきました。両手で持ってギリギリ持てる重さです。まだまだ出てきそう。

2017.08.13

ひまわりにミツバチが来ていました。日本ミツバチかは不明ですが、今後育てる予定の他の植物や野菜にとっても良い結果を運んでくれそうです。

2017.08.11

新たに植えたコスモスが芽を出し始めました。人参と同じ形(セリ科?)をしていました。これからの成長が楽しみです。

2017.08.05

刈り取り後の漉き込み作業です。猛暑の中での手作業はかなりきます。暑すぎて30分くらい作業して終了です。本来はトラクターでやらないと駄目みたいです。

2017.08.05

ひまわり刈り取り後の様子。

2017.08.05

ひまわりの刈込みです。花が咲いてからすぐに刈らないと微生物が分解しにくくなるとの事で、種取用の一列を残して刈払い機で一気に刈り取りました。

2017.07.26

満開状態です。

201707.23

一斉に同じ方向(朝日の方角)を向いています。

2017.07.23

かなり咲き始めています。

2017.07.22

土手の草刈り。ふぉーらむの武井さんから刈払い機の使い方のレクチャーを受けています。

2017.07.22

刈払い機実践です。土埃を立てるくらいギリギリで刈り取るのがコツとのことですが、石に注意です。

2017.07.19

ポツポツと咲き始めていますが、背丈が通常のものと比べるとかなり低いです。土の栄養と水が足りなかった影響?

2017.7.16

一番成長の早い株が開花しました。

2017.7.12

つぼみができ始め、そろそろ開花の様子です。

2017.07.09

大分畑らしくなってきました。雨も降ったせいか雑草もかなり増えてきました。雑草の背丈はまだ低いので、うまく全体の水分を確保してくれると良いです。

2017.6.28

ばら撒きの区画もかなり成長してきました。

2017.6.25

ようやく何度か雨が降ってくれて、成長の早い株がかなり育ってきました。

2017.6.14

ばら撒きした区画の密度がかなり高くなってきたので、少し間引いて畝のある区画に植え替えをしてみました。

2017.6.11

なかなか雨が降ってくれず、ポンプを駆使して水やりです。

2017.6.4

ばら撒きをした区画の苗がようやく芽を出してきました。

2017.5.21

水源は土手の下にある水路からポンプで汲み上げです。

2017.05.21

新たに開墾した所は畝を作ってみて実験です。

2017.05.21

第2陣の苗床の苗を植え替えました。

2017.05.21

畝作りは一列で断念して、広い区画はばら撒きにしました。ばら撒きの区画は緑肥用のサンマリノという品種。

2017.05.21

畑で蒔いた種も芽が出てきました。水が少なかったのか、苗床と比べるとかなり成長が遅い様です。

2017.5.20

苗床の芽が限界まで育ってしまいました。急いで畑に植え替えです。

2017.05.10

ひまわりの種、畑での実践を前に、苗床からの発芽を待ちます。

ご近所の方に分けて貰った大輪と思われる品種です。